前へ
次へ

ターンオーバーに影響を及ぼすお酒の量

美容に興味があるなら、お酒は控えるべきと言われる事も多いです。実際お酒を飲みすぎるのは、確かにあまり望ましくありません。お酒はターンオーバーにも関わってくるからです。もともと人間には、古い肌を新しい肌に入れ替える力が備わっています。ただ入れ替わる力の強さには個人差があります。あまり力が強くないと、スムーズに肌が入れ替わってくれません。その肌の入れ替わりは、普段の生活スタイルに左右される一面があり、冒頭で触れたお酒もその1つです。お酒は、適量ならば問題ありません。赤ワインの中にはポリフェノールも含まれていますが、それを適量だけ摂取する分には、むしろ肌に対してポジティブな影響があります。しかし飲み過ぎてしまうのは問題です。お酒を飲む量が多すぎますと、ターンオーバーを不活発にしてしまう傾向があります。ですから肌の調子が気になる時は、あまりお酒を飲み過ぎないよう配慮すべきでしょう。お酒だけでなく、タバコも要注意です。

Page Top